親子で学ぶ「和の学校」

「和の学校」受講者を募集 2024年度第1期・第2期募集要項

~ 千 玄室大宗匠が主宰する親子茶道教室 ~


「日本は”の”の国なんです。親の子であり、子の親である」それが戦後、日本の伝統的な生活文化が失われ、親と子、子と親という”と(戸)”が立てられた関係になりました。それは間違いだと思うのです。もう一度”の”の関係に戻さなければいけない。

「千 玄室大宗匠が提唱され、日本人が見失いかけている心の文化を親子で学ぶ「和の学校」を、2024年度も裏千家東京道場にて下記の通り開校の予定です。」
カリキュラムは大宗匠の講話ほか、お茶の点て方・いただき方、和菓子つくりなど、茶道を通じて伝統的な礼儀作法や、生活習慣を、親子が一緒に学ぶ内容です。

過去の受講風景を見る

「和の学校」

主宰 茶道裏千家 鵬雲斎千 玄室 大宗匠(前家元)
主催 一般財団法人 今日庵
協力 一般社団法人 茶道裏千家淡交会総本部


  • 開校期間

    2024年度第1期 2024年4月より7月まで 4回 受付終了しました 
    (4月13日、5月11日、6月8日、7月6日)

    2024年度第2期 2024年9月より12月まで 4回 
    (9月14日、10月5日、11月9日、12月7日)

    講座はいずれの日も午後1:00より午後3:00迄

  • 参加対象

    小学校1年生~6年生(受講年度4月時点)の児童と保護者、親子で参加出来る方
    ※参加希望のお子様の年齢につきましては、ご相談に応じます。お問い合わせください。

  • 講座カリキュラム

    第1期(4月より開講分)

    ◆第1回
     ・大宗匠講話(保護者対象)
     ・和菓子作り(児童対象)
     ・お辞儀の仕方
     ・お茶とお菓子の頂き方

    ◆第2回
     ・「お茶」のお話し
     ・盆略点前(ぼんりゃくてまえ)のお稽古
     ・帛紗(ふくさ)の扱い
     ・お菓子の取り方(お箸の扱い)

    ◆第3回
     ・「お茶」のお話し
     ・盆略点前(ぼんりゃくてまえ)のお稽古

    ◆第4回
     ・盆略点前(ぼんりゃくてまえ)のお稽古
     ・お庭探索・蹲踞(つくばい)の使い方等
     ・模範点前によるミニ茶会(お床の説明)
     ・修了証授与

  • 特典

    修了証授与・略盆セット贈呈

  • 受講料

    親子1組(1期4回分):教材費・受講料16,500円(消費税込)

  • 申込方法

    和の学校 入学申込書」を下記よりダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ「裏千家東京出張所 和の学校事務局」宛に、郵送またはFAXにてお申し込みください。
    ※用紙が印刷できない場合は、裏千家東京出張所和の学校事務局までご連絡下さい。

    和の学校入学申込書

  • 申込締切

    定員に達し次第締め切ります。

    ※コロナウィルス感染症の拡大状況により開催の中止もありえます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

「和の学校」事務局 一般財団法人今日庵 裏千家東京出張所

〒162-0062
東京都新宿区市谷加賀町2-5-23
TEL : 03-5261-3111 FAX : 3-5261-3112
mail : tokyodj@urasenke.or.jp