精中・圓能・無限忌

宗家暦

 令和6年7月5日(金)、宗家三大忌のひとつ、精中・圓能・無限忌が営まれ、約180名の同門社中が参列しました。

精中居士像が掛かる式場「聴風の間」の床飾り

 十一代 玄々斎精中居士(1810~1877)は、咄々斎や抛筌斎など宗家の茶室を増築し、立礼式(点茶盤)や茶箱点などを考案。新しい時代に即した茶道の在り方を示されました。その孫である十三代 圓能斎鉄中居士(1872~1924)は、学校教育の場に茶道を取り入れることに力を注ぎ今日の「学校茶道」の礎を築かれたほか、明治末に各服点を考案されるなど、時代を先取りされました。また、十四代 無限斎碩叟居士(1893~1964)は、裏千家茶道の発展と点前統一を目的に昭和15年に淡交会を結成し、昭和24年には財団法人今日庵を創設されました。

 午前9時、平成茶室「聴風の間」において千 玄室大宗匠の挨拶により開式し、千 宗室家元がお茶湯の儀を厳修。大宗匠が四弘誓願を唱える中、千 宗史若宗匠が床に掛かる玄々斎居士画像に一盌を供え、一同は宗匠方の遺徳を偲んで静かに合掌しました。

 続いて家元が各服点で濃茶を練られ、若宗匠が取り次ぎ、嶋村裕吏氏(淡交会参事補・大阪西支部副支部長)と今回参列の名誉師範から、本間宗寿氏(京都南支部参与)、大島宗翠氏(石川支部参与)、多田宗俊氏(淡交会参事補・筑豊支部参与)、青島宗智氏(静岡支部幹事長)、増井宗榮氏(淡交会参事補・北九州支部副幹事長)が代表して服されました。

 式場では今日庵業躰による花寄之式、直門による手向けの七事式(唱和之式、三友之式)が行われました。

花寄之式

唱和之式(直心会・志俱会)
三友之式(修竹会)

※七事式はすべて同じ茶碗を使い回さずに一碗ごとに替えて行っています。

 平成茶室「看月の間」では、このたびの精中・圓能・無限忌のために取り合わされた道具が展観されました。

赤 銘大徳 左入造
認得斎箱書 玄々斎直書箱甲書 淡々斎外箱

 また、茶道会館と裏千家学園には副席が設けられ、茶道会館では、千 容子家元夫人、伊住弘美様が参列者をもてなしました。

副席(於 茶道会館)
副席(於 裏千家学園)