埼玉県支部設立60周年記念大会

地区支部行事

  令和4年10月15日(土)、さいたま市において淡交会埼玉県支部設立60周年記念大会が感染症対策を講じた上で開催され、千 宗室家元が出席されました(主催:埼玉県支部 田中作次名誉支部長、北 清治支部長)。 
 来賓として埼玉県知事の大野元裕氏(埼玉県支部顧問、代理:高柳三郎副知事)、さいたま市長の清水 勇人氏(埼玉県支部顧問)、衆議院議員の村井英樹氏、小宮山泰子氏(埼玉県西武支部副支部長)、関東第二地区地区長の森田均氏(淡交会参事)など同地区内の各支部役員、同門社中約470名が集いました。 
 埼玉県支部は昭和37年に発足し、献茶式における懸釜や親睦茶会などを通じて地域に根差した茶道活動、会員同士の交流に尽力しています。 

◇式典
 午後3時よりロイヤルパインズホテル浦和にて開催。 
 開会にあたり、北支部長より主催者挨拶。続いて家元、大野知事 (代読:高柳副知事)、清水市長、森田地区長より祝辞がありました。 

北支部長
高柳副知事祝辞
清水市長祝辞
森田地区長祝辞

◇寄付金贈呈 
 大会を記念して埼玉県へ文化振興基金、さいたま市へ文化芸術都市創造基金として寄付金が贈呈されました。 

◇記念講演  
 続いて家元による記念講演がありました。家元は「ありのままの自分がだれかと自問したとき、自分が実に脆弱なものだと気づかされます。素の自分や茶の湯の本質を見つめることで、その時その時に応じた自分の立ち位置を定めることができ、時代に対応することができるのではないでしょうか」と語りかけられました。 

◇懇親会
 午後5時より同会場にて参加者数を絞って懇親会が行われました。北支部長の主催者挨拶に続いて家元、髙野孫左ヱ門 山梨支部支部長(淡交会参事)、村井議員、小宮山議員の祝辞、山口正純副支部長による乾杯の発声で開宴。終わりに田中徳兵衛副支部長による中締めの挨拶でお開きとなりました。 

髙野 山梨支部支部長祝辞
村井議員祝辞
小宮山議員祝辞
山口副支部長乾杯発生
田中副支部長中締め

◇呈茶席
 式典に先立ち呈茶席が設けられ、参加者は心づくしの一碗を楽しみました。