修道のご案内

 −修道課程(許状種目)と取得できる資格− 

  入門されたら初歩の稽古から始まり段階を追って進んでいきますが、稽古の各段階ごとに学ぶことを許可する「許し状」のことを「許状」といいます。 身につけて学び終えた証(あかし)、すなわち修了証やライセンス(免許)を意味するものではありません。

  裏千家では「許状」のほかに、その修道の度合いによって「資格」制度を設けています。 これは茶道の修道者としての習熟度を表すものです。  平成12年に広く一般社会にも分かりやすい名称・制度に改定されました。 これにより入試の願書や就職の際に提出する履歴書に明記しても社会的な理解が得やすくなりました。

  また、教授者にとっては、この「資格」によって弟子の許状申請のできる範囲がきまります。

  以下に「許状」と「資格」の一覧表を示します。 修道上の目標(どのくらいの期間で、どの許状・資格が取得できるのかという目途)として下さい。概要の欄で使用している用語は難しい表現もありますが、修道してゆく課程で理解できるようになっていきます。  ご心配にはおよびません。


資格と許状種目
資格証
(申請条件)
許状種目 概        要
初 級
Beginner

(随時申請可
三種目一括申請)
にゅうもん
入 門
最も基本となるおじぎの仕方から始まり、割稽古(わりげいこ)と呼ばれる部分稽古を修得して、はじめてお茶を点てることになります
こならい
小 習
前八ヶ条と後八ヶ条の十六ヶ条の習い事であり、茶道の基本を養う上で最も必要な課目です
ちゃばこだて
茶箱点
茶箱(ちゃばこ)と呼ばれる箱を使って行う点前(てまえ)であり、季節により種類があります
取得することで初級の資格が得られます
中 級
Intermediate Student

(随時申請可)
さつうばこ
茶通箱
二種類の濃茶(こいちゃ)を同じ客に差し上げる場合の点前です
からもの
唐 物
茶入(ちゃいれ)が唐物(からもの:中国産)の場合の扱い方です
だいてんもく
台天目
天目(てんもく)茶碗を台にのせて扱う点前です
ぼんだて
盆 点
唐物茶入が盆にのった場合の点前です
わきんだて
和巾点
名物裂(めいぶつぎれ)をもって作った古帛紗(こぶくさ)の上に、袋に入れた中次(なかつぎ)をのせて扱う点前です
取得することで中級の資格が得られます
上 級(助講師)
Upper-level Student
(4th-degree Instructor)

(中級から
1年経過後)
ぎょうのぎょうだいす
行之行台子
別名「乱れ荘」ともいわれ、奥秘の基礎となるものです
行台子をもって行います
だいえんのそう
大円草
大円盆(だいえんぼん)をもって行う格外の奥秘の手続きです
ひきつぎ
引 次
取得することで上級(助講師)の資格が得られます
所定の手続きを経て、弟子の許状申請(取次)を行うことができます(教授者となることができます)
講 師
3rd-degree Instructor

(上級から
1年経過後)
しんのぎょうだいす
真之行台子
一名「奥儀」といわれるもので、行之行台子を充分に修得できた者に許されます 真台子(しんだいす)をもって行うもので、奥儀の根本となる重い習い事です
だいえんのしん
大円真
大円盆をもって真台子で行う格外の奥秘の手続きです
せいひきつぎ
正引次
取得することで講師の資格が得られます
専任講師
2nd-degree Instructor

(講師から
1年経過後)
ちゃめい
茶名
茶名は利休居士以来の歴代家元の「宗」の一字を頂くものです 修道を通じて資質を備えられた方に授与されます
取得することで専任講師の資格が得られます
助教授
1st-degree Instructor

(専任講師から
2年経過後
25歳以上)
じゅんきょうじゅ
準教授
取得することで助教授の資格が得られます

資格・許状の申請は本人の修道状況により、師事されている先生の判断により行われます
行之行台子以上の許状を取得された方は、一般社団法人 茶道裏千家淡交会に正会員以上として入会できます



すでに許状をお持ちの方でも、資格証のみの発行申請ができます。 先生を通じてお申し込み下さい


(平成25年5月まで発行の資格証)
初級
中級
上級(助講師)
講師
専任講師
助教授




入門ご希望の方は こちらから 全国の稽古場が検索できます

『初心者のための茶道教室』 - ココロを豊かにする6ヶ月 -

初心者向けに編集された茶道紹介動画