裏千家トップページへ
更衣に想う

千 宗室

  衣替えの季節を迎えました。地域差がありますが、一般的に着物の場合は六月と九月は単衣、七月と八月は薄物を着るというのが一つの目安となっています。私は一年位前からそれまで人に任せていた着物の整理を自分でするようになりました。そうすると以前は気が付かなかった小物類を見つけたり、しまいこんだままになっていた昔の帯や淡々斎宗匠の細帯などがあることに気付きました。長らく箪笥で眠ったままになっていた昔の着物に久しぶりに袖を通したりして、たまには思い切って徹底的に整理整頓するのもよいものだと感じた次第です。
  衣を替えるというのは単に「暑いから・寒いから」という理由だけではありません。来たる季節とどう折り合いをつけるか、その準備を含めた心構えをするということです。
  これから入梅し、本格的な夏に向かっていよいよ暑くなっていきます。そのことに自分の想いを向けて、暑い一日、湿っぽい一日にどのようにして対処するかという大人・・の働きを心掛けていく。あまりに便利な世の中にあって、私達は自分の中にある本来対応していく能力というものをおざなりにしてきたように感じます。新型コロナウイルスの感染拡大によってこれまでの当たり前の生活が一変し、様々な自制を求められる中、この機会に改めて私達一人ひとりの生きる力、適応力を見直していきたいと存じます。

淡交タイムス 6月号 巻頭言より