裏千家トップページへ
位置の決定

千 宗室

  全盲の方がお点前をされたそうです。皆が湯一滴、水一滴こぼさないその点前に驚きました。その話を聞いた頃、私はまだ若く、自分で一滴もこぼさず点前をできる時もあればこぼしてしまうこともありました。何がその方の点前と違うのか。考えに考えて気付いたのが「位置の決定」と「構え」、この二つでした。目の不自由な方は感覚が鋭いといわれますが、それだけで一滴もこぼさない点前ができるわけではない。普段から点前座に臨むための歩幅をしっかりと身に付け、正しい位置に座れていると自分でわかっている、居前に正しく座ることでここに風炉釜があり水指があるな…と。それからは私も自分で稽古をする時は、点前手順を追うだけではなく居前を正すこと、位置の決定を第一に考えて行うようになりました。
  かつての先生方は今よりずっと位置の決定にうるさかった。茶筅でも畳目の谷にきちっと置かないと「やり直し!」。いつも同じ位置に置けるように、いつも同じ位置に座って道具と自分の距離感を認識し、常の構えのまま点前をしなさい、そういう教えです。構えや位置が正しくなければどんなに点前を覚えていても、お湯をこぼしたり着物の裾が乱れたり、棗の蓋を取って置こうと思ったら場所が狭かったり、どこか居心地の悪い点前座になります。すると客も居心地が悪いものです。基礎的な細かいことを師匠から注意されると落ち込むかもしれませんが「これでまた一つ直すところが見つかった、良かった」と考えれば前に進めます。
  茶の湯には昔から道具を使わない「(から)点前(でまえ)」という稽古手段があります。いわゆるイメージトレーニングです。これは時間も場所も選びません。立ったり座ったりせずとも場面を思い描いて居ながらに体を動かしてみてください。目に見える道具を相手にする時より位置の決定が実に難しいこと、それによって自分の構えの乱れが分かったりします。折にふれて自身の心と体の構えを見直していただければと存じます。

淡交タイムス 9月号 巻頭言より