平成31年己亥歳 今日庵初釜式




  1月7日(月)、京都において平成31年(つちのと)()歳の今日庵初釜式が始まりました。

  式場となった平成茶室「聴風の間」の床には、嘉例により正親町天皇の御宸翰が掛けられ、伝来利休端ノ坊写 仙叟在判の竹花入に曙椿と鶯神楽、さらには結柳、春日台に神鈴が飾られ賀客方を迎えました。
  第一席には、千 宗左表千家家元、千 宗守武者小路千家家元、西脇隆俊京都府知事、門川大作京都市長、伊吹文明衆議院議員、前原誠司衆議院議員、西田昌司参議院議員、福山哲郎参議院議員、村田正治京都府議会議長、寺田一博京都市会議長、池坊専好華道家元池坊次期家元、山田啓二京都文化博物館館長、塚本能交京都商工会議所副会頭、吉田忠嗣京都経済同友会元代表幹事、喜多義重京都新聞ホールディングス代表取締役、山内康敬京都新聞社社長をはじめ公職の方々や今日庵老分・顧問方などが席入りされました。

  玄々斎好みの菓子・菱葩(ひしはなびら)が供された後、千 宗室家元が「福禄寿 三ツ重茶碗」に濃茶を練られ、千 敬史様が正客へ取り次がれました。また、伊住宗陽様、禮次朗様はじめ宗家方が一碗を運び出され、賀客方は馥郁たる年初の濃茶を順服されました。




  その後、千 玄室大宗匠はじめ宗家方が揃って年頭の挨拶をされ、家元が亥年に因んで「猪突猛進といっていたずらに突っ走るのではなく、しっかり足元を見て頑張ってまいります」と述べられました。続いて金剛流宗家の金剛永謹師による謡曲「四海波」が披露され、式場は厳かな中にも祝意に満たされました。





  平成茶室二階「看月の間」の祝膳席では、千 容子家元夫人、阪田万紀子様はじめ夫人方がもてなされ、賀客方は新年を祝って盃を交わし和やかに過ごされました。



  今日庵初釜式は、京都において12日までの6日間、行政・経済界・諸団体代表者、寺社関係者、西日本の裏千家社中はじめ約2,200名が出席される予定です。また、今日庵東京初釜式は1月16日から19日までの4日間、裏千家東京道場で催され、東日本の裏千家社中はじめ約2,300名を迎える予定です。