「日中国交正常化45周年記念・
第12回東アジアの文化と平和を考えるシンポジウム」
参加者募集
申込は締め切りました



  千 玄室大宗匠の発意のもと、日本・中国・韓国との友好関係促進の為、三か国持ち回りで「文化と平和を考えるシンポジウム及びパネル討論会」を開催して参りました。本年は日中国交正常化45周年を記念して、「日中国交正常化45周年記念・第12回東アジアの文化と平和を考えるシンポジウム」を中国・北京市にて開催致します。
  大宗匠には100回以上中国を訪問、茶道を通じた文化的・学術的な親交を深めてこられました。この記念すべき年に茶文化に対する理解とその交流の促進のため、皆様のご参加をお待ち致しております。

●期 間: 9月20日(水)〜23日(土)
●主要日程: 9月20日(水)  北京着
9月21日(木)  日中韓平和祈念献茶式、基調講演、
              大宗匠主催懇親夕食会
9月22日(金)  第12回東アジアの文化と平和を考えるシンポジウム、
              若手研究者による座談会
9月23日(土)  日本着
※利用航空会社は日本航空また全日空を予定しています。
●参加費: 148,000円(ビジネスクラスをご希望の方はお申し出ください。要追加料金)
●募集人員: 羽田班25名、関西班25名
※羽田班は往路:羽田空港、復路:成田空港となります。
●宿泊: 長富宮飯店(ホテルニューオータニ)
●参加資格: 淡交会会員(含青年部会員)、その同行者および裏千家茶道愛好者
※原則として全行程に参加できる方
●参加研究者: 千 玄室大宗匠
明石 康 元国連事務次長
范 曾 北京大学教授
金 容雲 漢陽大学名誉教授 ほか
●申込締切日:8月2日(水)必着  申込は締め切りました

問い合わせ先
一般社団法人 茶道裏千家淡交会総本部
「シンポジウム」係
TEL: 075-451-5166 FAX: 075-451-3926

◇行事の様子はこちら◇
第11回東アジア茶文化シンポジウム
第11回パネルディスカッション-東アジアの文化と平和-