贋作茶道具にご注意!
─インターネット・オークションに多い、ニセ物茶道具―


  最近、宗家方の掛軸や茶杓や箱書などの贋作(にせもの)が多く出回っているようです。中でもインターネット・オークションでは、裏千家宗家、家元の名前を巧みに利用して本物であるかのような説明を加えて出品しているケースが多くなっているようです。実際は贋作を購入されていても第三者に鑑定してもらうまでニセ物とは気が付かないという場合も多いようです。
  一部の心ない人々の出品による被害が増えないことを願って敢えてオークション取引の注意点を揚げてみました。ここに述べられている項目が、その出品物に当てはまる場合はまず注意が必要です。該当する項目数が多ければ多いほど贋作出品物である可能性が高いことになりますので慎重にしてください。
  オークションは写真と説明だけで出品物を判断して購入する制度であるため、特に茶道具等は贋作が多く出品されていることを今一度ご認識頂きますよう願っています。呉々も信用有る茶道具店での購入をお勧め致します。


出品物について
説明文について
・  家元の「極書」があると説明されているものがあります。極書とは何でしょう。またそのように書かれていながらそれにあてはまるものは写真にはありません。勿論、出品物の箱には家元の花押は見あたりません。素人ならともかく業者であれば「箱書」の意味はよく知っているはずです。
また、当代はじめ歴代宗匠方の偽書きによる箱書もあるようです。

・  オークションサイトによっては「利用者からのアドバイス」という項目があり、オークション利用者が出品物に対して『ニセ物』、『違反品』等のアドバイスが記載されていますので参考にされたら良いでしょう。

出品物の写真について
・  商品の価値を示す重要な意味をもつ写真ですが、妙に不鮮明に撮影されているもの、焦点がぼけているもの、暗く写っているもの、そして不自然に色の付いたものは要注意です。

・  真贋を見極める重要部分の写真並びに接写拡大の写真がないものは要注意です。


出品者について
・  出品者に対する評価が高いといっても、その評価内容をよくご覧下さい。すぐに届いた或いは丁寧に包装してあったという商品受領に関する内容が多く、真贋に関する評価はどうでしょうか。過去の評価内容をじっくりご覧下さい。中にはあとで調べた結果、贋作だったとクレームを言っているものはありませんか。そしてそれに対する出品者の対応はどうでしょうか。信頼できる対応はとっていますでしょうか。

・  出品者の過去の取引を確認してみてください。僅かな期間で多数出品してはいませんか。
中には、短期間で多数出品して取引を行い、"危険"を感じると新たなIDを取得して始めるケースもあるようです。

・  特に高い評価の出品者は、個人ではなく「業者」(プロで営業している者)の可能性が高いわけで、自分は茶道についての知識が無いので真贋については定かではないと微妙な表現を使用しているものがあります、果たしてそうでしょうか。

・  業者が真作(ホンモノ)を出品する際には、いわゆる「仕入れ価格」が1つの基準になる筈です。「出品する以上、少しでも利益を上げたい」と考えるのが商売の鉄則です。仕入れ価格に少々上乗せした額で出品されるのが常識と言えます。あまりにも低い金額でのスタートや、安価で落札されようとしているものには特にご注意ください。