■ 戻る ■
「はじめての茶の湯ワークショップ」受講風景


  6月30日(土)に開催した「講座V」の受講風景をご紹介します。
  今回の講座Vでは、当館副館長・伊住禮次朗講師(講師は毎回異なります)による『基本の知識』の講義が行われ、抹茶やお菓子について・お茶をおいしく飲む工夫・薄茶と濃茶の違いなどの話がありました。
  実技では、抹茶とお菓子のいただき方を実習、6月30日の夏越の祓いに因んだお菓子「水無月」でお濃茶を、「ふのやき・琥珀」で薄茶をというように、それぞれのお茶の違いやいただき方の違いを学びました。

  会場には、茶臼体験コーナーが常設され、参加者は自由にお茶を挽くことができます。臼で実際に挽くお茶「(てん)(ちゃ)」や、碾茶の前段階のお茶「(あら)(ちゃ)」が展示され、抹茶が出来るまでを見て学べるコーナーです。

講義 実技(お菓子のいただき方)

茶臼体験


■ 戻る ■