茶 道 資 料 館(ちゃどうしりょうかん)


  本年、茶の湯に関する資料を収集し企画展示を行ってきた「茶道資料館」が開館40周年の節目を迎えます。また、裏千家の歴代家元が収集した茶道に関する図書などの資料約6万点を収蔵する茶の湯の専門図書館「今日庵文庫」も開館50周年となることを記念し、春と秋の2回にわたり記念特別展を開催いたします。

  《茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展T》
    「裏千家所蔵の優品」
      併設展「鵬雲斎コレクション撰」
    会期:4月16日(火)〜 6月16日(日)
    前期:4月16日(火)〜 5月12日(日)
    後期:5月18日(土)〜 6月16日(日)
  裏千家が所蔵する茶道具や美術工芸品、今日庵文庫所蔵茶書および鵬雲斎大宗匠のコレクションを展示する予定です。


消息「雪の文」十二月十八日付 妙庵宛
千利休筆 今日庵蔵
黒楽茶碗 銘シコロヒキ
長次郎作 今日庵蔵


  《茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展U》
    「三冊名物記 −知られざる江戸の茶道具図鑑−
    会期:10月3日(木)〜 12月8日(日)予定
  大給松平乗邑(おぎゅうまつだいらのりむら・1686〜1746年)編著による『三冊名物記』には、約360点の茶道具が彩色図等と共に紹介されています。今日庵文庫所蔵の写本を基に、現物の茶道具と描かれた彩色図を対比させながら、仕覆や箱等の次第も併せて展示する予定です。


『三冊名物記(茶器名物集)』 今日庵文庫蔵


茶道総合資料館トップページへ