茶 道 資 料 館(ちゃどうしりょうかん)




  《茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展U》
    『三冊名物記 』 −知られざる江戸の茶道具図鑑−

  【会期】 令和元年10月3日(木)〜 12月8日(日)

ダウンロード 表面裏面    
【開館時間】 午前9時30分〜午後4時30分
(入館と呈茶は午後4時まで)

【休 館 日】 月曜日(ただし10月14日、11月4・11日は開館)、
10月15日(火)、11月5日(火)・6日(水)

【入 館 料】一般1000円、大学生600円、中高生350円、
小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料、20名以上団体割引

【呈   茶】入館者には呈茶があり、抹茶と和菓子をお召し上がりいただいています。
(午前10時〜午後4時、無料)

【内  容】
  本年、茶の湯に関する資料を収集し企画展示を行ってきた「茶道資料館」が開館40周年を迎えます。また、裏千家の歴代家元が収集した文献など約6万点の資料を収蔵する茶の湯の専門図書館「今日庵文庫」も開館50周年となります。この節目の年を祝し、春と秋の2回にわたり記念特別展を行います。
  秋の記念特別展Uは、『三冊名物記』を取り上げた展覧会を開催します。大給松平乗邑(おぎゅうまつだいらのりさと・1686〜1746年)が編著に関わったとされる『三冊名物記』には、三百数十点の茶道具が彩色図入りで紹介されています。本展では、今日庵文庫本をはじめ異系統の写本十点を紹介。伝世する名物茶道具と対比させながら、仕覆や箱といった「次第」も併せてご覧いただきます。

『三冊名物記(茶器名物集)』 今日庵文庫蔵


『三冊名物記(茶器名物集)』
小川の項 今日庵文庫蔵
瀬戸茶入 銘小川


『三冊名物記(茶器名物集)』
広沢の項 今日庵文庫蔵 
瀬戸金華山茶入 銘広沢
北村美術館蔵


『三冊名物記(茶器名物集)』
塞の項 今日庵文庫蔵
瀬戸茶入 銘塞(こしじ)
永青文庫蔵


[主な出品作品]
  今日庵文庫蔵『三冊名物記(茶器名物集)』をはじめ、異系統写本10点を初公開
    『山上宗二記』、『玩貨名物記』、『茶器弁玉集』、『万宝全書』、『古今名物類聚』、
    『大正名器鑑』 以上6点、今日庵文庫蔵
    『小堀遠州所持名貨記録』早稲田大学図書館蔵
  ・唐物文琳茶入 銘吹上 五島美術館蔵     ・唐物肩衝茶入 銘遅桜 三井記念美術館蔵
  ・唐物肩衝茶入 銘堅田 香雪美術館蔵     ・古瀬戸肩衝茶入 銘出雲 永青文庫蔵
  ・瀬戸肩衝茶入 銘飛鳥川 湯木美術館蔵   ・瀬戸肩衝茶入 銘淀 林原美術館蔵
  ・瀬戸大海茶入 銘置紋 出光美術館蔵
  ・重要文化財 玳皮盞 鸞天目 三井記念美術館蔵
  ・重要文化財 堅手茶碗 銘長崎 根津美術館蔵
  ・胡銅象耳花入 銘キネナリ 泉屋博古館分館蔵
  ・竹一重切花入 銘園城寺 東京国立博物館蔵 ほか




茶道総合資料館トップページへ