茶 道 資 料 館(ちゃどうしりょうかん)


平成29年秋季特別展
「仏教儀礼と茶 ―仙薬からはじまった―」

【会    期】 平成29年10月3日(火)― 12月3日(日)

  前期:10月3日(火)― 10月29日(日)

  後期:11月3日(金・祝)― 12月3日(日)

    ※会期中展示替を行います

【休 館 日】 月曜日( ただし10月9日は開館)、10月10日(火)、

展示替期間:10月30日(月)― 11月2日(木)

【内    容】
  平安時代、茶は入唐僧によって大陸から日本へともたらされました。広く茶が栽培され、流通するようになるのは中世以降ですが、宮中や寺院の中では、古代から年中行事や仏教儀礼の場で用いられてきました。宮中では大般若経を転読する僧侶たちに茶がふるまわれ、比叡山では天台宗の高祖である天台大師(ちぎ)に茶が供えられました。また、茶は不思議な効能を持つ「仙薬」として星や羅漢たちに捧げられます。
  本展では一般に飲料として普及する以前の、仏教文化と深く結びついた茶のあり方を、儀礼にまつわる美術を通して紹介します。儀礼を形作る北斗曼荼羅図や羅漢図、天台大師像などの仏教絵画、供養具、文献史料の数々によって、知られざる茶の世界をご覧いただきます。

重要文化財 五百羅漢図(部分)
大徳寺蔵(画像提供:奈良国立博物館)
兎毫盞 京都国立博物館蔵

【講演会のご案内】
・ 「仏教儀礼の美術と茶」 講師:米沢玲(当館学芸員)
  10月21日(土) 14時〜15時30分

・ 「仙薬と延命 〜知られざる茶の世界」 講師:筒井紘一(当館副館長)
  11月22日(水) 14時〜15時30分

会場:裏千家センター1階ホール

※いずれも事前申し込み不要。当日12時から受付にて整理券を配付します
  (お一人につき1枚)。
  各定員100名。要入館料。



平成30年新春展
「茶の湯釜とその周辺−裏千家歴代の好み物を中心に」(仮称)

【会    期】 平成30年1月7日(日)― 3月4日(日)

【休 館 日】 月曜日(ただし1月8日、2月12日は開館)、2月13日(火)


茶道総合資料館トップページへ