ENGLISH

茶 道 資 料 館ちゃどうしりょうかん

令和3年 春季特別展

又玄斎一燈ゆうげんさいいっとうとその時代」

【会 期】4月17日(土)~7月5日(月)

  • ※新型コロナウイルス感染症の流行状況により、
    会期を変更する可能性があります。

開館時間

午前9時30分~午後4時30分

(入館は午後4時まで)

休館日

月曜日(ただし、5月3日、7月5日は開館)、第2・4火曜日

5月24~26日(展示替え期間)

入館料

一般1,000円、大学生600円、中高生350円

小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料

呈茶

平日限定・予約優先制(要別途入館料)

一般500円、小学生以下300円、学生証提示により300円

内容

令和2年は裏千家八代家元・又玄斎一燈(表千家六代家元・覚々斎の三男〔1719~71〕)の250回忌の年でした。本展では、これを記念して、現今の家元制度の礎が築かれた18世紀半ばに焦点を当て、兄如心斎じょしんさい(表千家七代家元)と共に千家茶道を支えた一燈の功績を紹介します。また、高弟達の活躍や、新たに制定された茶法・七事式などを機軸に、関連する茶道具を展示します。※昨春開催予定の展覧会を改めて開催します。


18世紀半ばは、茶の湯が一般の町人層にまで大きな広がりを見せて茶道人口が増大し、千家においても多くの門弟を抱えるようになった時代でした。利休以来の伝統を守りつつ、新たな時代にいかに対応していくか、千家茶道の在り方について、その方向性が求められる中、如心斎がその骨格を示し、一燈が次世代へと繋げる役割を果たしました。令和という新時代の入り口に立ち、一燈とその時代を振り返る展観といたします。

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、展示室の入室制限を設けます。
ホームページ・電話で予約していただいた方の入館を優先します。

主な出品作品

※1展示期間4月17日~5月23日  ※2 展示期間5月27日~7月5日

赤茶碗 銘三郎
表千家六代覚々斎作

黒茶碗 銘鉄牛
一燈作 野﨑家塩業歴史館蔵

老松茶器 一燈好
茶道資料館蔵 ※1

老松割蓋茶器 覚々斎好
表千家不審菴蔵 ※1

竹一重切花入 銘霊鷲山
一燈作 茶道資料館蔵 ※1

蜆子和尚画賛 「茶味禅味」
一燈筆 ※1

消息 十一月廿三日付 冬不小平宛 一燈筆(部分)※2

令和3年の展覧会スケジュール(予定)
秋季展「製茶図と口切の茶事」(仮称) 令和3年10月上旬 ~ 12月上旬
令和4年の展覧会スケジュール(予定)
新春展「やきものめぐり② 大坂・兵庫編」(仮称) 令和4年1月7日 ~ 4月上旬

※展覧会開催の時期および呈茶の有無は、新型コロナウィルス感染症拡大防止の対応を踏まえて変更する場合があります。
また、開催時には消毒・マスクの着用・入室制限などを行います。