茶 道 資 料 館(ちゃどうしりょうかん)



平成30年
春季特別展 「むしあげ〜岡山に花開いた京の焼物〜」
新春展 「茶の湯釜とその周辺−裏千家歴代の好み物を中心に−」

平成29年
秋季特別展 「仏教儀礼と茶 ―仙薬からはじまった―」
春夏展 「やきもの巡り 京都・滋賀編」
新春展 「描かれた茶の湯」

平成28年
秋季特別展 「私の一碗 −六十五碗それぞれの想い−」
夏季展 「茶道具を知ろう、茶室を知ろう ―茶道入門3―」
春季展 「文様ことはじめ −茶道具の文様と意匠−」
新春展(後期) 「季節の取り合わせ」
新春展(前期) 「季節の取り合わせ」

平成27年
秋季特別展 「正木美術館名品撰 茶墨精粋」
夏季展 「茶道入門2 裂地を知ろう、和菓子を知ろう」
春季展 「錦絵にみる茶の湯」
新春展 「茶箱を楽しむ」

平成26年
開館35周年記念秋季特別展 「茶の湯の名碗」
夏季展 「茶道入門 −抹茶を知ろう、茶道具を知ろう−」
春季特別展 「光悦・等伯ゆかりの寺本法寺の名宝 」
新春展 「新春を寿ぐ −酒の器―」

平成25年
秋季特別展 佐賀県立九州陶磁文化館所蔵名品展 「華やぎの九州陶磁」
特別展 少庵四百年忌記念 「千 少庵」
特別展「裏千家歴代展 ―無限斎・鵬雲斎・坐忘斎―」
春季特別展 「永青文庫所蔵 香道具展」 併設展 「入門 茶の湯と香道具」
新春展     大松コレクション名品選 近代絵画と茶道具

平成24年
秋季特別展 ―茶会記にみる茶道具― 姫路藩主 酒井宗雅の茶と交遊
夏季特別展 「京三条せともの屋町」
春季展    「四季の画賛と待合のしつらえ」
新春展    「新春の取り合わせ」

平成23年
肥後松井家の名品「武家と茶」
裏千家15代家元「鵬雲斎千玄室の茶」
新春展     近代茶道の先駆者-玄々斎と又日庵-

平成22年
秋季特別展 東京国立博物館蔵広田不孤斎コレクション-茶の湯の名品-
夏季展     千家茶道の継承-裏千家十三代 圓能斎鉄中宗室-
特別展    今日庵文庫-茶書にみる茶の湯の歴史-
春季展    尼門跡の茶-宝鏡寺の名宝-

平成21年
開館30周年記念秋季特別展 わび茶の誕生-珠光から利休まで-
夏季展    文房具-書院を飾る-
春季展    春に笑む
新春展    吉祥-福・禄・寿を中心に-

平成20年
秋季特別展 鎌倉時代の喫茶文化
夏季展    涼を求めて−染付磁器の魅力−
春季特別展 裏千家所蔵絵画展-屏風を中心に-


茶道総合資料館トップページへ