今 日 庵 文 庫(こんにちあんぶんこ)

  今日庵文庫は、11代玄々斎をはじめ、歴代家元が収集した史料を受け継ぎ、それを調査・研究する目的で、昭和44年(1969)に設置された茶の湯の専門図書館です。以降、茶の湯関連の資料の収集につとめ、その成果を紀要『茶道文化研究』として刊行しています。
  蔵書は茶の湯に関する近世の書物(貴重書)をはじめ、歴史・美術工芸・建築・料理・文学などの図書や展覧会図録、雑誌、紀要、映像資料約7万点を書庫に収蔵。蔵書検索システムかレファレンスサービスによる手続きをすれば閲覧することができます(館外貸出不可)。
  閲覧室では、開架している茶道各流派の逐次刊行物や茶の湯に関する図書、児童書、外国書の閲覧および映像資料の視聴ができます。




お知らせ
開館日時変更のお知らせ
今日庵文庫では、開館日時を月曜日〜金曜日の10:00〜16:00としておりましたが、2021年4月1日より火曜日〜金曜日の10:00〜16:30に変更しました。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
開館再開のお知らせ
今日庵文庫では、新型コロナウィルス感染症拡大防止への協力のため、政府の緊急事態宣言発令期間中、臨時休館とさせていただいておりましたが、宣言解除にともない3月8日(月)より開館を再開させていただくことになりました。
なお、利用につきましては、下記ガイドラインに沿って運営いたします。利用時間等、制限がございますので、ご確認のうえご来館ください。また、入館時には入館受付票(氏名・連絡先等)のご記入をお願いします。
貴重書の調査・研究目的での利用については、申請書の提出が必要です。電話にてお問い合わせください。
なお、今後の状況を踏まえ臨時休館させていただく場合がございます。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

今日庵文庫における新型コロナウイルス感染症の拡大防止ガイドライン(2021年3月1日更新)



利用案内
開館日火曜日〜金曜日
休館日月曜日、土曜日、日曜日、祝日、8月13〜16日、年末年始(12月27日〜1月6日)
  ※台風等による臨時休館について
    ・京都市に暴風警報または特別警報が発令された場合、その時点で臨時休館といたします。
    ・午前7時の時点で、京都市に暴風警報または特別警報が発令されている場合、終日休館といたします。 
開館時間10時〜16時30分(入館は16時まで)
入館料無料
住所〒602-0073 京都市上京区堀川通寺之内上る
寺之内竪町682番地 裏千家センター2F
電話075-431-3434

入館に際しては
下記の持ち込みを制限させていただきますのでご了承ください。
  • 大きな旅行鞄、キャリーバッグ等(ロッカー(無料)をご利用ください)
  • 汚れの激しい、あるいは雨に濡れた荷物等
  • 傘・雨具(裏千家センター入口の傘立てをご利用ください)
  • 密封されていない飲み物等
  • その他危険物(刃物ほか)など図書館が持込みを不適当と判断したもの
図書を閲覧したいときは
  • 閲覧室内に開架されている図書は自由にご覧いただけます。
  • 当館の収蔵図書は、カウンターにあるパソコン(蔵書検索機)で検索できます。
  • 図書が見つかったら閲覧申込書に必要事項を記入してください。
  • 図書は閲覧室内でお読みください(閲覧室外持出不可)。
  • 書庫内の本は1回の申請につき5冊まで借りることができます。
  • 6冊以上閲覧されたい場合は数回に分けて申請してください。
  • 貴重書の閲覧については別に定めておりますので、お問い合わせください。
閲覧室で過ごすときは
  • 鉛筆以外の筆記具の使用はご遠慮ください。鉛筆はカウンターで貸し出しております。
  • 付箋は糊のついたもの(ポストイット等)は使用しないでください。室内に付箋を用意しております。
  • 携帯電話はマナーモードにし、通話はご遠慮ください。
  • 館内での撮影を思わせる行為はお控えください。
  • 貴重品の管理には各自で十分お気を付けください。
撮影とコピーについて
  • 図書は撮影厳禁です。発見され次第削除をお願いしております。
  • コピーサービスがございます(申込みが必要です)。
    セルフサービスで、料金はサイズに関わらず白黒1枚20円、カラー1枚100円です。
    両面コピーは1枚分で2複写となりますので40円となります。
  • 当館規程により、調査と研究の目的のため全ページの3分の1までを複写することが
    できます。
    〔例:30pの図書は10p迄)。
  • コピー申し込みの受付時間は10:00-11:30および13:00-16:00です。
    複写枚数が多い場合は、お早めに申し込みください。
  • 和綴本や状態の悪い図書については、状態の保存のため、コピーはできません。
  • 紙づまり以外のミスコピーは料金に加算されます。
飲食・喫煙はできません
  • 館内は飲食禁止です。閲覧机の引き出しには飲食物を入れないようにしロッカーに
    しまってください。
  • 館内禁煙です。
その他
  • 図書は大切に扱ってください。唾を指につけて頁をめくったり、押し広げたり、折り目をつけたりするようなことはしないでください。また、図書への書き込みや、図書の上での筆記はしないでください。
  • 他のお客様のご迷惑になる行為はご遠慮ください。



茶道文化研究 総目次
第一輯 特集 茶道の形成(1974年)【売切】
発刊の辞千 宗室
烏鼠集とその成立の環境永島福太郎
利休以前の茶座敷中村昌生
烏鼠集にみる規矩濱本宗俊
伝相阿弥『長歌茶湯物語』と初期茶道筒井紘一
茶道形成期における精神―珠光の『心の文』にちなみて―倉沢行洋
[資料]伝相阿弥 長歌茶湯物語
[資料]烏鼠集四巻書 (翻刻)加藤貞子
(注釈)筒井紘一


第二輯 特集 杉木普斎(1980年)【売切】
宗旦四天王と三千家熊倉功夫
神部と茶人―杉木普斎とその周辺― 岩田貞雄
杉木普斎とその伝書谷端昭夫
茶室史における普斎伝書中村昌生
[資料]普斎伝書(翻刻)瀧浪貞子
[資料]普伝茶書(翻刻)横田八重美


第三輯 特集 茶道と宗教(1988年)【売切】
茶道の宗教性千 宗室
キリシタン文化と茶道岡田章雄
茶と禅(その一)―茶禅融合にいたるまでの過程―芳賀幸四郎
和敬清寂西部文浄
[資料]欠伸年譜草(翻刻)谷端昭夫
[資料]蒲庵稿(翻刻)山田哲也
(校注)古賀英彦・山田哲也


第四輯 特集 松花堂と長闇堂(1998年) 2,700円→ 1,350円(消費税込)
松花堂昭乗の生涯と芸術矢崎格
長闇堂の人と著作永島福太郎
松花堂昭乗の書増田孝
松花堂昭乗の絵画―その洗練の美学―佐々木丞平
佐々木正子
松花堂昭乗年譜(編)矢崎格・増田孝
[資料]松花堂昭乗書状(翻刻・解題)名和修
[資料]松花堂茶会記(翻刻)横田八重美
[資料]松花堂行状(翻刻)山田哲也
[資料]松花堂芳野道の記(翻刻)山田哲也
[資料]長闇堂記及家傳遺誡(翻刻)横田八重美


第五輯 特集 勢州松坂の藝文と茶の湯(2013年) 2,700円
蒲生氏郷の城づくり・町づくり―伊勢国・松ヶ島城から松坂城へ―門 暉代司
圓居の文化―松坂町人文化の多層性―吉田悦之
商人町松坂―松阪商人の文化的活動―大喜多甫文
玄々斎と射和の竹川竹斎上野利三
伊勢商人津・川喜田久太夫家の教養と半泥子―石水博物館の所蔵品から―
龍泉寺由佳
美濃女略伝鈴木香織
勢州松坂茶事覚書戸田宗安
[資料]松阪長谷川家文書にみる裏千家(翻刻・解題)筒井紘一
[資料]ななそひの日記(翻刻・解題)永井謙吾


第六輯 特集 山上宗二記(2014年) 2,160円(消費税込)
山上宗二と『山上宗二記』神津朝夫
『山上宗二記』にみる山上宗二の茶人観八尾嘉男
『山上宗二記』にみる茶室桐浴邦夫
裏千家今日庵文庫架蔵『山上宗二記』について―書誌と解題― 谷端昭夫
[資料]山上宗二記 今日庵本(翻刻)徳丸貴尋
[資料]珠光一紙目録(翻刻)徳丸貴尋
[資料]山上宗二記 天正16年5月林阿弥宛(翻刻)徳丸貴尋
[資料]山上宗二記 天正17年2月江雪斎宛(翻刻)徳丸貴尋


第七輯 特集 宗湛日記(2015年) 3,000円(消費税込)
『宗湛日記 見聞書』について―発見の経過より公刊に至るまで―伊藤延男
[研究ノート]『宗湛日記』諸写本の来歴と日記の流布について中村節子
[研究ノート]『見聞書』に見る茶の点て方と飲み方考小林紘子
[資料]見聞書 福岡県立図書館本(翻刻)伊藤延男
[資料]宗湛日記 今日庵文庫本(翻刻)徳丸貴尋


○『茶道文化研究』の購入方法はこちら



茶道総合資料館トップページへ