戻る
第27回 全国菓子大博覧会・三重
「茶道裏千家お家元賞」応募要項

募集は締め切りました。

  一般社団法人 茶道裏千家淡交会総本部は、第27回全国菓子大博覧会・三重における「茶道裏千家お家元賞」の褒章審査を通して、その優秀さを認め、若手菓子職人の茶道と関連の深い製菓技術の向上、後継者の育成、菓子業界の振興、発展に貢献するとともに、その優秀さを広く一般に認知してもらうことを目的として実施します。

募集要項

◆ 審査品目

茶席の主菓子

◆ テーマ

「 (とこ)(わか)の精神 」
伊勢神宮は、20年毎に新しくなります。伊勢では、「伊勢の常若美」といって全国から伊勢に来られた方々のおもてなしが行われます。この神宮の常若の精神を和菓子に表現してください。

◆ 応募資格

茶道裏千家淡交会各支部(以下、「各支部」という。)との取引があり、全国菓子工業組合に所属する事業者の若手職人とします。(対象は申込み時点で25歳から50歳まで)

◆ 応募方法及び応募先

全国の各支部より、応募資格のある菓子事業者に「茶道裏千家お家元賞 応募要項」と「茶道裏千家お家元賞審査申込書(様式第1号)」を案内してください。
審査希望者には、「茶道裏千家お家元賞 審査申込書(様式第1号)」に必要事項を記入し支部に申し込みを行っていただき、各支部は「茶道裏千家お家元賞 審査申込確認書(様式第2号)」に集約し、裏千家審査委員会に提出してください。
なお、申し込みが無い場合も、「茶道裏千家お家元賞 審査申込確認書(様式第2号)」は必ず提出(FAXによる提出も可)してください。

◆ 審査方法

茶道裏千家お家元賞専門家審査員(以下、「専門家審査員」という。)による書類審査により、本審査に進む50名を決定します。
50名に選ばれた審査希望者には、指定する本審査会場にて、実際に主菓子を作っていただき、本審査を実施します。
本審査は、専門家審査員による審査と一般審査員(裏千家淡交会会員)による審査(評点式官能審査方法)を行い「茶道裏千家お家元賞」を決定します。

〈 専門家審査委員会(敬称略) 〉
審査委員長    千   敬史
審査副委員長  伊住 禮次朗
審査委員      倉斗 宗覚 (今日庵業躰)
               奈良 宗久 (今日庵業躰)
               淺沼 宗博 (淡交会東海地区委員長)

◆ エントリー費用

審査手数料として、5,000円をエントリーの費用とします。本審査進出決定通知とともに振込用紙を送付します。なお、振込手数料は、審査希望者の負担となりますのでご了承ください。また、審査手数料納付後審査を棄権された場合であっても審査手数料は返金しません。
本審査会場までの交通費、材料費、道具類の搬入・搬出に係る費用、食事代など、審査に伴う所要経費は、審査希望者の負担となります。その他本審査を開催するにあたり発生する費用は、裏千家審査委員会が負担します。

◆ 表彰

茶道裏千家お家元賞は、第27回全国菓子大博覧会・三重の大会特別賞として表彰します。

◆ 賞

(1)茶道裏千家お家元賞 最優秀賞 1点(最高得点)
(2)茶道裏千家お家元賞 優秀賞   2点(2位、3位)
(3)茶道裏千家お家元賞 奨励賞   5点(4位から8位)

◆ 応募期限および本審査実施日

・応募期限              平成29年3月3日(金)
  ※「茶道裏千家お家元賞審査申込書(様式第1号)」
    及び「茶道裏千家お家元賞審査申込書一覧表(様式第2号)」
・本審査実施日          平成29年3月31日(金)

◆ 本審査会場

名古屋ユマニテク歯科製菓専門学校
〒450-0002    名古屋市中村区名駅2丁目33番8号

◆ 発表

・本審査進出50名の発表  平成29年3月10日頃を予定
・茶道裏千家お家元賞発表 本審査当日

◆ その他

本審査会場施設の説明および会場にある道具類は、本審査進出決定通知とともに審査希望者に報告します。

<応募先・お問い合わせ先>
第27回 全国菓子大博覧会・三重 裏千家審査 委員会 事務局
〒602-0073 京都市上京区堀川通り寺之内上る寺之内竪町682番地
一般社団法人 茶道裏千家淡交会総本部 組織部内
Tel:075-451-5166(代)
Fax:075-451-3926


戻る